大阪でレーザー脱毛するならどこ?人気クリニックの口コミを集めました

HOME » 大阪のクリニックでレーザー脱毛体験 » レーザー脱毛VS光脱毛

レーザー脱毛VS光脱毛

このページでは、レーザー脱毛と光脱毛について調査した結果をまとめてみました。

違いがわかりづらい脱毛方法

足の脱毛

脱毛を検討しているときに、レーザー脱毛か光脱毛かで迷う人は多いのではないでしょうか。呼び名からは両者の違いがわかりませんし、脱毛初心者ならなおさらだと思います。

レーザー脱毛と光脱毛についてリサーチを行い、どのような特徴があるのかを比較してみました。

レーザー脱毛VS光脱毛

1.脱毛方法

まずは脱毛方法から見ていきましょう。

レーザー脱毛は、ある波長の光を集めた光線を照射し脱毛する方法です。医療用として活用されてきた経緯があり、クリニックでは医療レーザー脱毛が行われています。

ーザー脱毛は毛乳頭を破壊する医療行為であるため、施術は医師か、医師の管理下にある看護師だけが行えます。

医療行為に当たる脱毛か否かは、「医療機器を使うかどうか」で判断するわけではありません。たとえ医療機器を使わないとしても、毛乳頭を破壊することで脱毛処理を行うのであれば、れっきとした医療行為に該当します。

一方、光脱毛は、主にエステサロンなどで用いられ、フラッシュのような光で脱毛します。レーザー脱毛よりも照射するエネルギーが弱いため、毛根の発毛組織自体を破壊することはできません。

光脱毛はエステサロンで施術されるのが一般的です。エステの施術には、「脱毛以外の美容全般に対する施術やアドバイスが受けられる」「一人ひとりに十分な時間と専属スタッフが割り当てられ、リラックスできる環境で施術を受けられる」など、医療機関ではなかなか得られないメリットがあります。

2.脱毛のメカニズム 

レーザー光線は波長の長さによって黒、赤、青といった特定の色にだけ作用するという性質があります。この性質を利用するのがレーザー脱毛のメカニズムです。

波長のレーザー光線を照射すると、毛根のメラニンに反応して熱エネルギーが発生。この熱エネルギーにより毛根にある発毛組織(毛乳頭や毛母細胞)が破壊され、脱毛に至ります。

一方、光脱毛のメカニズムも基本的には同じですが、照射するエネルギーの強さが大きく異なります。

光脱毛は、毛根に光を照射することで、毛の再生能力を弱くするのが目的です。発毛組織を破壊するほどのエネルギーがないため、レーザー脱毛よりも効果が緩やかです。施術した後も発毛能力が生きている状態なので、一定期間経過すれば再び毛が生えてきます。

3.痛み

レーザー脱毛は施術用の機器がかなり改良がなされていることから、「小さな針を刺した程度の痛み」と表現されています。ただし、照射エネルギーが大きいため、十分な冷却機能を備えていない古い機器で皮膚の弱い人が施術されると、「痛みよりも熱さが気になる」、「やけどのような状態になった」ケースもまれに起きるようです。

一方、光脱毛はレーザー脱毛よりも照射エネルギーが小さいので、わずかな痛みで脱毛できるといわれています。ただし、十分な施術効果が得られるまで多くの回数を必要とすることから、皮膚が弱い人だと痛みや赤みなどの炎症を起こしたり、かゆみが出たりするケースもあるようです。その分照射されているエネルギーも弱いものになっています。

4.ダウンタイム

ダウンタイムとは、脱毛処理で皮膚に生じる炎症(痛み、腫れ、やけど、内出血など)が回復するまでの時間です。一般的に、照射エネルギーの強弱とダウンタイムの長さは比例します。 よほど古い機器でない限り、脱毛に使われる機器には施術部位の炎症をおさえる機能が標準装備されています。施術する部位の温度が一定に達すると照射を自動的にストップする機能や、照射と同時に患部を冷却する機能などです。そのためレーザー脱毛と光脱毛で、ダウンタイムにそれほど大きな違いはありません。 人によっては強い炎症が起きてダウンタイムが長くなってしまいますが、これは皮膚の弱さやメラニンの濃度が原因です。皮膚が健康で丈夫な人であれば、おおむね2〜3日程度で炎症はおさまりますが、皮膚の弱い人やメラニンが濃いためにレーザーや光が強く反応してしまう人の場合、炎症がおさまるまでに1週間程度かかるようです。

5.必要な回数・期間 

脱毛処理が完了するまでに必要な回数や期間は、一般的にはレーザー脱毛より光脱毛の方がかかります。光脱毛はレーザー脱毛よりも照射エネルギーが弱く、施術の回数を重ねないと効果が出ないからです。

ただし、照射エネルギーの違いは、施術に必要な回数・期間を左右する1つの条件にすぎません。毛の性質(照射エネルギーに対する感受性)や、施術を受ける範囲によってもかなり変化します。

たとえば施術を受ける人のメラニンが濃い(=体毛が濃い)場合、照射されるレーザーや光への感受性も高いため、メラニンが薄い人よりも少ない施術回数・期間ですむのが一般的です。

また、施術する範囲が広ければ、当然、施術完了までの回数・期間も増えていきます。

たとえば脚や腕などに限定した施術なら、レーザー脱毛であれば5〜6回、1年ほどで完了します。

一方、光脱毛はレーザーよりも照射力が弱いため、レーザー脱毛の倍以上の回数・期間(10回以上、2〜5年)が必要です。

また毛周期の長い性毛(脇毛や陰毛)の施術まで含めた全身脱毛となると、レーザー脱毛であっても2〜3年必要ですし、慎重な施術をする医療機関だと5年近くかかる場合もあります。

これほど長期間かかってしまうのは、効率的な脱毛を行うために、毛周期に合わせて施術するからです。

体毛は、休止期→成長前期→成長期→退行期→休止期というサイクルで生え変わっており、これを毛周期といいます。休止期の毛は毛根の奥深くで眠った状態ですし、退行期の毛はすでに抜け始めている段階です。そのためレーザーや光を照射しても、効果的に脱毛できません。

脱毛には決して安くはない費用がかかるため、施術者も一番効果的なタイミング=成長期に施術をします。「短い期間で脱毛したいので、たくさん予約を入れたい!」とお願いしても大抵は断られてしまいますが、それは決して「忙しいから」ではなくて、医学的な根拠があるわけです。

このようなことから、脱毛の施術は通常1〜3ヶ月に1度の間隔で行われます。全身脱毛で数年もの期間がかかってしまうのは、決して施術が遅いのではなく、医学的な根拠があってのことなのです。

6.実感できるのはいつからか 

脱毛処理の効果は、施術の強度に比例します。したがって、レーザーと光では、圧倒的にレーザーのほうが効果を実感できます。レーザー脱毛は発毛組織を熱エネルギーで破壊するので、ほぼ永久的な脱毛が期待できます

一方、光脱毛は光が生み出すエネルギーで毛の再生能力を弱くし、毛周期を遅らせたり、脱毛を促進したりするにとどまり、永久脱毛はできません。

このような違いがあることから、レーザー脱毛のほうが、より早く多くの毛が抜けるのを実感できます。実感できるまでの期間は個人差がありますが、だいたい3回程度の施術が終わったあたりから目に見えて脱毛が進行していくようです。

なお、いかにレーザー脱毛とはいえ、1回目の施術直後はほとんど脱毛の実感はありません。1回目の施術で処理できるのは対象部位の20%ほどだからです。

またレーザーが破壊するのは毛根の発毛組織であり、いま生えている毛を直接破壊して脱毛させるわけではありません。したがって、「施術から数日たったのに、ちっとも毛が抜けない!」ということはよくあります。早合点しないように注意しましょう。

光脱毛の場合は、エネルギーが弱いため、脱毛が進むペースはさらにゆっくりです。施術期間も長期にわたるため、はっきりと効果があらわれるまえに新たな産毛が生えてくることもまれではありません。

7.持続期間 

脱毛の持続期間も、やはり施術方法の強度に左右されます。レーザー脱毛は、半永久的な脱毛が期待できます。それは、強い熱エネルギーをメラニンに発生させ、毛根にある発毛組織そのものを破壊するためです

もっとも施術部位にあるすべての毛が脱毛できるわけではありません。埋没した毛やメラニンの非常に薄い毛に対してはレーザーが反応しないからです。

また、退行期にある毛根は毛そのものがない(したがってメラニンがない)ため、これもやはりレーザーが反応しません。当然、その毛根の毛周期が退行期から成長期へ進行すれば、新しい毛が生えてきます。

一方、光脱毛の場合、そもそも発毛組織自体を破壊するほどのエネルギーがないため、一定期間が経過すれば再び毛が再生します。

ただし、例外があります。毛が生え変わるには、たんぱく質・ビタミン・ミネラルがかかせません。そのため、栄養状態や血流が悪い人だと、毛の再生能力自体がもともと脆弱になっていることもあります。その場合は、光脱毛程度の照射エネルギーでも十分に効果を発揮するので、長期間にわたり脱毛効果が持続することもあります。

8.価格

価格に関しては、クリニックなどで行われている医療レーザー脱毛のほうが高価な施術になります。医師の管理化の下、より強い効果をもつレーザーを用いて脱毛を行うためです。

光脱毛の価格は、エステサロンによってまちまちです。一般的には、レーザー脱毛の3分の1程度の価格が料金の目安となっているようです。

総合的に見ると、より高い脱毛効果と医師管理下の安心感をとる場合はレーザー脱毛、価格を重視し、手軽に脱毛してみたい場合は光脱毛を試してみるのがよさそうです。

コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
医療レーザー脱毛パーフェクトナビ-大阪編-