大阪でレーザー脱毛するならどこ?人気クリニックの口コミを集めました

HOME » 知っておきたいムダ毛ケア情報 » 自己処理による肌トラブル

自己処理による肌トラブル

カミソリでの脱毛処理で起こるお肌のトラブル事例についてまとめてみました。実は、レーザー脱毛の方が肌への負担は少ないのです。
 

カミソリは肌も一緒に剃っている!?

カミソリで処理するのはお金もかからないし、一番手軽で手っ取り早い方法ですが、ここで忘れちゃいけないのは、カミソリは「毛」だけではなく、肌自体をも一緒に剃ってしまうということです。つまり、剃る度に確実に肌を傷つけているということなんです。

そのことで起こるトラブル事例は……

処理した部分の肌がヒリヒリする

カミソリでムダ毛を処理するのは、一番スタンダードで手っ取り早い方法です。

しかしカミソリでムダ毛を処理した後に肌がヒリヒリすることはありませんか?

その理由は、冒頭でも話した通り、毛を剃るのと一緒に皮膚も剃ってしまっているからです。皮膚を剃ってしまっているということは当然、皮膚が傷ついてしまいます。肌がヒリヒリする原因は、カミソリによる皮膚の炎症が原因なのです。

現在、脱毛用にローションを配合したカミソリや、直接ローションを塗ってから剃るという方法もありますが、それはただローションによってカミソリの滑りが良くなっているだけで、皮膚が傷つかなくなるということはありません。その観点からカミソリでの脱毛は、行えば行うだけ肌を傷つけてしまうのです。

カサカサに荒れてしまう

カミソリで皮膚を傷つけてしまうと、さらに最悪の事態を招きます。それがお肌の乾燥です。皆さんもカミソリでムダ毛処理をした後、ローションや乳液でお肌を保湿しているのではないでしょうか?しかしそれはどうしてでしょうか?なんとなく肌荒れや肌の乾燥を防ぐためではないでしょうか?

そうなのです!カミソリでムダ毛処理を行えば行うだけ、皮膚は乾燥してしまうのです。

その理由というのが、皮膚はカミソリのダメージにより角質層が削ぎ取られて薄くなってしまうからなのです。角質層が薄くなってしまうと、皮膚内部に溜め込まれていた水分が蒸発しやすくなります。すると皮膚の水分量が減り乾燥を引き起こすのです。こうなってしまうとローションや乳液で水分を補給したところで皮膚は角質層が削ぎ取られたままなので、直ぐに水分は蒸発を起こし、また乾燥を引き起こします。

それを知らずカミソリでのムダ毛処理を毎日のように行えば、さらに角質層が削ぎ取られて状態は悪化していきます。

ブツブツ、ザラザラの肌になってしまう

角質層が削ぎ取られ続けて悪化してしまうとどうなるのか?今度はダメージを受け続けて皮膚は、ブツブツができてしまったり、皮膚がザラザラの状態になってしまいます。

その皮膚のブツブツやザラザラというのが、カミソリにより傷ついた皮膚に雑菌が入り込んでしまったために起きた炎症なのです。この雑菌が炎症を引きおこしてしまうと、ニキビのような膿や皮膚のタダレなど、さらに状態は悪化していきます。これがいわゆる「カミソリ負け」と言われるものなのです。手に負えなくなってしまうと最悪、皮膚科を受診しなければいけないこともあります。

かゆみが出てしまう

炎症を起こしてしまうとかゆみも出てきます。かゆみが出てしまえば、「かくな!」と言われても我慢できず皮膚をかきむしってしまうので、さらに炎症は酷くなっていきます。

処理した部分が黒ずんでしまう

通常、髪の毛や眉毛、脇毛など人間の体に生えている毛は、全て同じメカニズムで生えてきます。毛球と呼ばれる植物の球根のようなものがメラニン細胞から指令を受け、色をつけ始めます。それからその毛球が指令を送り、毛を徐々に長く成長させていき、寿命を迎えると下から生えてくる新しい毛に押し出される形で、抜け毛となり役目を終えます。

しかしカミソリで毛を剃ってしまうということは、その流れが途中で寸断されてしまいます。毛が生え変わる流れが途中で寸断されてしまうと、毛が生え変わる流れが徐々に狂い始めてしまいます。すると髪の毛の色をつけるメラニン細胞が皮膚の浅いところで色をつけ始めて、目に見えて皮膚が黒く見えてしまうのです。特に脇など皮膚が薄い箇所が黒ずみやすいのはこのためなのです。

以上がカミソリによる脱毛によって起こることです。

カミソリで処理したことのある人なら、いずれかは経験しているのではないかと思います。カミソリ処理は手軽だけど、肌に対してはもの凄く悪影響を及ぼしてしまいます。

実際に起こったカミソリ脱毛のトラブル事例

20代女性Aさんの場合

私は毛が濃い方ではありませんでしたが、ドラックストアなどで販売されている脱毛用のカミソリを使って定期的に処理を行っていました。しっかりと脱毛用のローションも全体的に塗り込み剃り上げ、脱毛後もしっかりと乳液を塗り込んでアフターケアをしていましたが、徐々に皮膚が赤くなっていき、ニキビのようなものもできてしまいました。

しかし他の脱毛方法などその時は考えられず、我慢しながら続けていたら徐々に悪化し痛みも伴い始めました。そこで怖くなり使用を中止し、病院を受診することに。

処方された薬を1ヶ月程使用し、なんとか治すことができましたが、皮膚には跡が残ってしまうという残念な結果に。今はその跡も目立たないほど回復し、本当に手遅れにならなくて良かったと思っています。その後、カミソリ脱毛の危なさを実感しながらも、ムダ毛をそのままにしておくことはできないので、脱毛クリニックでしっかりと脱毛してもらってからは手入れの手間も省け、今はお肌の状態も良好です。

10代女性Bさんの場合

高校生になり、それまで脱毛をしていなかった部分もきちんとケアするようになりました。それまでは母が使用していた脱毛用のカミソリを使っていましたが、自分専用のカミソリをドラッグストアで買ってもらって、使い始めました。

いつもお風呂に入り、体を洗ってからシャワーで流す前に剃っていました。ワキの下はそれで問題がなかったのですが、高校生になってからは部活動の関係で気になるVラインも剃るようにしていました。少し伸びただけでチクチクするので、毎日剃るようにしていたところ、毛穴がブツブツと赤くなり、腫れてしまいました。場所が場所だけに親にも言い出しにくく、しばらくそのままにしてしまいました。痛みと痒みも出てきてしまったので、親にも相談して皮膚科へ行きました。薬と軟膏をもらって治りましたが、本当に困りました。

皮膚科に行った時、お医者さんがアドバイスしてくれました。ずっと習慣になっていた、お風呂でのカミソリを使っての脱毛は避けたほうが良いと言われました。入浴時は角質が柔らかくなっているので、角質も一緒に削ってしまうことがあるのだそうです。場所はお風呂でも良いのですが、入浴前に肌が乾いた状態で、ワセリンやシェービング用のクリームを塗るなどして、肌の滑りを良くすることが大切だと教えてくださいました。

30代女性Cさんの場合

以前は市販の脱毛用カミソリで脱毛していました。入浴のついでに脱毛するのが楽なのでそうしていましたが、ワキの下が何となくヒリヒリと赤くなることがあったり、ちゃんと剃っても剃り切れていないような、腕をあげてみるとワキの下全体が青っぽくなっている、そんな感じで綺麗な仕上がりではないと思っていました。そこで刺激も少ないと言われている電気シェーバーを使用してみることに。そんなに安いものではなく、4,000円程度のものを購入しました。防水機能はないものだったので、朝出かける前に使用した後、朝出かける前に必ず使うロールオンタイプの制汗剤を塗りました。すると、ヒリヒリと痛くなってしまい、とても出かけられる状態ではなくなりました。すぐに洗い流し、しばらくして治りましたが、やはり刺激が少ないと言われている電気シェーバーでも、やはり脱毛後は気をつけないといけないと思いました。結局、この日は仕事に遅刻してしまいました。

40代女性Dさんの場合

綺麗に剃れるので、電気カミソリを使用しています。防水機能が付いているので、お風呂場で使用しています。特に肌トラブルなどもなく使用していたのですが、壊れてしまったので新しい電気カミソリを買いました。インターネットの口コミ評価が比較的高いものを選んだのですが、ワキの下に毎晩使用していたところ、皮膚内に毛が生えてしまいました。

インターネットで調べてみると「埋没毛」ということがわかりました。毛穴がふさがってしまい、皮膚の中で毛が伸びてしまうこと、とありました。原因は無理な脱毛によって、皮膚が乾燥や肌荒れなどのダメージを受けて、角質が厚くなってしまうことが原因とありました。角質は肌の潤いを保つため、また皮膚内に雑菌が入らないようにするために保護する役割があるそうで、ダメージを受けるとターンオーバーを遅らせ、古い角質を蓄積して分厚くなってしまうのだそうです。

それにしても気になりました。まるで剃り残しがあるように見えるからです。そこ埋没毛の自己処理の方法をインターネットで併せて調べて、スクラブかピーリングをすると埋没毛を取り除くことができるとあったので、スクラブを使用してみました。でも改善できなかったので毛抜きで皮膚ごと引っ張るなどして取り除きました。でも傷ができてしまい、痛いうえに埋没毛を処理した部分が傷になってしまいました。

夏だったので制汗スプレーなどを使用したくてもしみるのでできない、そんな状態に耐えかねて結局皮膚科を受診しました。電気カミソリでもお風呂で角質が柔らかくなっているところに使用するのは避けたほうが良いのだと医師から言われました。

40代女性Eさんの場合

脱毛サロンがキャンペーンを実施していて、安く施術できると電車の広告で見たので、思い切って申し込んでみました。すると事前の注意として脱毛施術箇所を自分で毛を剃ってきてくださいと言われてびっくり。「何で!?自己処理脱毛したくないからサロンに行くことにしたのに、それじゃ意味がないではないか?」と。脱毛サロンの器具から照射される光は体毛に反応するようになっていて、毛根を刺激して発毛しないように促すのだとか。そのため毛根に照射による光の刺激を与えるためには短くしておかなければならず、大毛が生えている状態では効果がないのだそうです。

納得してワキの下とVラインの脱毛コースを選択。施術日の予約も入れました。でもうっかり!自分で剃っておくことを忘れていました。時間もないので、何もつけずにとりあえず急ぎ脱毛用のカミソリで処理をしてから脱毛サロンへ。

初めてなので問診票にあれこれと困っていることや体質、興味のある脱毛コースなどの質問に答えました。カウンセリングの後、紙の下着にガウンという格好で施術ルームへ。脱毛サロン初体験。ここまで来ると、「今まで面倒だった自己処理から解放される!」「今年の夏は、ノースリーブを着ても自信を持って電車のつり革を持てる!」と、気分も盛り上がってきました。

施術はやはり裸同然の格好になるので、施術するのが女性だとしても、やはり少し抵抗がありましたが、ガウンを脱いで仰向けになり、施術箇所のチェックをしてもらうと、「赤くなってしまっていますね…あー、大変申し訳ないのですが、赤く晴れている状態では脱毛はできません。」と言われてしまいました!「えー!?せっかくサロンに来たのに!」と何度もお願いしてみましたが、これ以上の肌トラブルを避けるためには仕方がないということで、とても残念でしたが諦めました。そして脱毛サロンでの施術は肌の状態が落ち着いてからの2週間後になってしまいました。

この失敗があってから、市販で肌に優しいと書かれていた電気カミソリを購入。施術前の自己処理の際は、ちんとシェービングクリームを塗ってから剃るようにしています。

知らないと怖い毛抜きのトラブル!

毛抜きで自己処理したことのある人も多いかと思いますが、実はコレ絶対にやってはいけない自己処理方法なんです!

その一番の理由は、毛穴にバイ菌が入ってしまう可能性があることです。ワキの下やビキニラインの毛は太いため、無理やり毛抜きで抜くことで毛穴が開いたままの状態になってしまいます。そこから汗などに含まれるバイ菌などが入りやすくなってしまいます。バイ菌が入ってしまうと、シコリができたり、うみの袋ができて炎症を起こし、最悪の場合には手術をしなくてはならないことも……。

その他の毛抜き処理によりトラブル事例は以下の通りです。

毛穴がブツブツと盛り上がってしまう

カミソリでのトラブルを紹介した時にも話しましたが、毛というのは毛球と呼ばれる植物の球根のようなものが指令を送り、徐々に長い毛を生やしていきます。その毛球は、体内の毛細血管にくっ付くようなかたちで栄養をもらっています。

しかし毛抜きを使い無理やり毛を引っ張ると、その毛細血管から毛球を無理やり切り離すことになるので、毛穴の中は炎症を起こし、皮膚自体にもダメージを受けます。すると皮膚が毛穴の開きで盛り上がり、全体的にブツブツと見えてしまいます。また皮膚の赤みや出血も、症状として現れます。

黒ずみや色素沈着が起こる

そしてカミソリ同様、毛抜きでも無理やり毛を抜いてしまうと、毛穴が黒く見えてしまいます。

毛を無理やり抜いてしまっても、毛のメラニン色素が皮膚の浅いところに残って色づき、毛穴から全体的に黒く見えてしまうことがあります。

かゆくみがでる

当然、無理やり毛を抜いたことにより炎症を起こしているので、かゆみも出てきます。

特に毛抜きの場合は、毛穴が広がるので雑菌が入り込みやすく、膿ができやすくかゆくなります。

1つの毛穴から2、3本毛が生えるようになってしまう

皆さんは、毛穴から毛が2、3本同時に生えてきているといったことはありませんか?

実はそれ異常なことなのです。毛というのは先ほどから説明している通り、毛球が指令を送り毛が生えていきます。その毛球が通常は毛穴ごと、一本一本埋まっているのです。しかし毛抜きで無理やり毛を抜いてしまうと、その毛球が裂けてしまい2つ3つと分裂してしまうのです。すると裂けた毛球それぞれから毛が生えてしまい、同じ毛穴から出てきてしまうのです。

皮膚の下で毛が伸びてしまう埋没毛

皆さんは脚や脇を脱毛の際、チェックしていた時に埋もれている毛を見たことはないですか?あれは毛抜きによる度重なる脱毛が原因かもしれません。

皮膚はダメージを受けすぎると、皮膚を守ろうと厚くなります。しかしそれが成長段階の毛にとっては、熱い防護壁となり、外に生え出せなくなってしまうのです。生え出せなくなってしまったその毛は、成長をやめることなく体内で成長し続けます。するいつの間にか巨大で長い毛に成長して毛穴よりも大きくなり、毛穴からから生え出さなくなってしまいます。これが埋もれていた毛の正体なのです。

埋もれた毛は非常に取り出しにくく、自分でほじくり回してしまうと深い傷になる恐れもあるので注意です。

実際の毛抜き脱毛のトラブル事例

30代女性Fさんの場合

カミソリでムダ毛を処理していると、どうしても剃り残しが目立ってしまうため、毛抜きで処理をすることにしました。時間はかかるけど根元から毛が抜けるため、多少出血は見られるものの綺麗な仕上がりになり「これはいいぞ!」と思っていました。

しかし数日後、毛穴にニキビのようなものが大量にできてしまい膿も出てきてしまうように…

その後、ニキビを潰して膿を出してまたニキビができるというサイクルを繰り返し、皮膚が乾燥と赤みを持つようになり皮膚がボロボロになってしまいました。これを機にセルフ脱毛は危ないと思い辞めることを決意しました。

40代女性Gさんの場合

中学生の頃から脱毛するなら毛抜きが良いよ、と母に言われて毛抜きで脱毛をしていました。そのうち毛が生えなくなるからと。でもワキの下だけでも大変ですよね。脇を見るので、目が疲れます。大人になって広範囲である腕や脚はカミソリで脱毛していましたが、ワキの下だけは毛抜きで抜いていました。でも手を骨折して、1ヶ月ほどギプス生活になり、思うように動かせないでいた時、片方のワキの下の毛が伸びてしまったんです。それを見てびっくりしました。一つの毛穴から毛が3本も生えているのです!しかもそんな毛穴がたくさんあって、気持ちが悪いくらい毛深く見えました。

なぜだろうと思い、別件で皮膚科を受診した際、ついでに先生に聞いてみると、毛抜きで引っ張流ことによって、毛穴の中にある毛乳頭という毛根の部分が分裂してしまうことがあるのだそうです。そして一度分裂すると元には戻らないのだと言われました。私の場合は、気になる程のトラブルはなかったのですが、それでも夏などにはワキの下の毛穴がいくつか赤くポツッと膨らんでしまうということはありましたので、これを機に脱毛サロンに通うことにしました。

コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
医療レーザー脱毛パーフェクトナビ-大阪編-