大阪でレーザー脱毛するならどこ?人気クリニックの口コミを集めました

HOME » 知っておきたいムダ毛ケア情報 » 自己処理による肌トラブル

自己処理による肌トラブル

カミソリでの脱毛処理で起こるお肌のトラブル事例についてまとめてみました。実は、レーザー脱毛の方が肌への負担は少ないのです。
 

カミソリは肌も一緒に剃っている!?

カミソリで処理するのはお金もかからないし、一番手軽で手っ取り早い方法ですが、ここで忘れちゃいけないのは、カミソリは「毛」だけではなく、肌自体をも一緒に剃ってしまうということです。つまり、剃る度に確実に肌を傷つけているということなんです。

そのことで起こるトラブル事例は……、
・処理した部分の肌がヒリヒリする
・カサカサに荒れてしまう
・ブツブツ、ザラザラの肌になってしまう
・かゆみが出てしまう
・処理した部分が黒ずんでしまう
などです。

カミソリで処理したことのある人なら、いずれかは経験しているのではないかと思います。カミソリ処理は手軽だけど、肌に対してはもの凄く悪影響を及ぼしてしまいます。

知らないと怖い毛抜きのトラブル!

毛抜きで自己処理したことのある人も多いかと思いますが、実はコレ絶対にやってはいけない自己処理方法なんです!

その一番の理由は、毛穴にバイ菌が入ってしまう可能性があることです。ワキの下やビキニラインの毛は太いため、無理やり毛抜きで抜くことで毛穴が開いたままの状態になってしまいます。そこから汗などに含まれるバイ菌などが入りやすくなってしまいます。バイ菌が入ってしまうと、シコリができたり、うみの袋ができて炎症を起こし、最悪の場合には手術をしなくてはならないことも……。

その他の毛抜き処理によりトラブル事例は以下の通りです。
・毛穴がブツブツと盛り上がってしまう
・黒ずみや色素沈着が起こる
・かゆくみがでる
・1つの毛穴から2、3本毛が生えるようになってしまう
・皮膚の下で毛が伸びてしまう埋没毛

コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
医療レーザー脱毛パーフェクトナビ-大阪編-