大阪でレーザー脱毛するならどこ?人気クリニックの口コミを集めました

HOME » 医療レーザー脱毛の基礎知識 » エステ脱毛との違い

エステ脱毛との違い

エステのフラッシュ脱毛と美容外科のレーザー脱毛の違い、それぞれのメリット・デメリットについてまとめています。

レーザー脱毛のメリットとは

美容外科で行われる医療レーザー脱毛には、医療機関で脱毛ができる安全性はもちろん、効果&費用面から見てもメリットがあります。

まず、美容外科で利用するレーザーの特徴は、一回の施術時間が短いということです。これは、施術作業自体はレーザーを照射していくだけで、しかもレーザーの届く範囲すべての脱毛が可能で、一度に広範囲が脱毛できるからです。

ワキの場合なら1回わずか5分~10分程度で済む場合が多いようです。ですからちょっとした空き時間で利用することも可能なんですよ。

また、痛みや皮膚へのダメージが少ないということも大きなメリットと言えるでしょう。特に傷みに関しては、仮に痛みを強く感じる場合があったとしても、医療機関ですから局所麻酔薬を使用することもできます。医師や看護士などのもとで施術が行われるということも、とても安心できる点です。皮膚へのダメージが少ないですから、肌になんらかのトラブルがある場合でも施術可能な場合が多いようです。

レーザーを照射することにより、自己処理などによって起こってしまった肌の黒ずみを改善する効果も期待できるんですよ。

エステ脱毛は実は損?

費用が高くつく場合がある

エステ脱毛のメリットといえば、料金がとても安い…という点ではないでしょうか?

しかし、エステ脱毛では、美容外科で利用するような強い効果のあるレーザーが使えないため、効果が実感できない・効果が出るまでに何度も施術を受ける必要がある、といったデメリットがあります。

ここ最近、エステも低料金での脱毛が大きなウリとされています。ですが、上記でも述べたように何度も施術を受ける場合がほとんどですので、追加料金を支払うケースが多いとされています。回数無制限を設けているエステ店であれば問題はありませんが、まだまだそのようなサービスを大体的に行っているエステ店は少ないとされています。

結局のところ時間とお金がかかってくるのというのはまず間違いはないでしょう。

しつこい勧誘

勧誘が異常にしつこいエステ店も中には見受けられます。

エステ店も立派な客商売ですので、お客さんが来ないと一銭にもなりません。

この世はまだまだ不況が続いていますので、エステ店も経営を続けるのに必死でもあるのです。激安の値段で新規顧客を獲得しようとしているエステ店ほど、2回目、3回目と来店してもらうために勧誘がしつこい傾向にあります。

中には、しつこい勧誘からか変な疑いを抱いてしまい、2回目以降からは全く行かなくなる人も多いといいます。

予約が取りにくい

人気店ともなればなかなか予約が取れなく、スムーズに脱毛ができないということもあります。

特に、値段を安く脱毛を行っているエステ店は顧客も相当の数を抱えていますので、需要と供給のバランスがうまく保てなくなります。次の予約が1カ月先なんて話はよく起こることでもあるのです。

それと、人間の体毛には毛周期というものが存在してきます。ということから、脱毛に関してもその周期に合わせて脱毛するのが効果的だともされています。

せっかく高いお金を出して脱毛をしているのに、その周期に合わせて脱毛ができないというのは本末転倒でもあるのです。人気の高いエステ店には予約が取りづらいというデメリットもありますので注意が必要です。

やけどのトラブル

また、専門の医師がいないことによるやけどのトラブルなどの多くが、エステの体験談や口コミに寄せられているのも懸念される点です。

そもそも、レーザーを使う脱毛というのは熱を使う脱毛法になります。特に、細い毛を脱毛するとなった際にはどうしてもやけどのリスクは出てきてしまいます。エステ脱毛には専門の医師が施術を行わないので、こういったトラブルというのはどうしても起きがちにもなってしまうのです。

色素沈着のトラブル

また、やけどまでいかなくとも、レーザーの熱が原因で軽い炎症を起こしてしまう場合もあります。その炎症が治ると同時にメラニン色素が過剰に生成されて、肌が黒くくすんでしまう場合があるのです。このように色素沈着してしまったら、元の肌に戻るのに相当な時間が要してしまいます。

白斑やケロイドのトラブル

色素沈着と同じように白斑やケロイド状になってしまうケースもあります。

白斑とは、レーザーによってメラニン色素が飛んでしまい、その部分だけ肌が白く変色してしまう一種の皮膚病で、ケロイド状とは、やけどので傷ついた肌が完治すると同時に皮膚が盛り上がってしまった症状のことをいいます。

両方とも先天性の病気が多いのですが、脱毛の失敗により引き起こしてしまうケースも決して少なくはありません。最悪の場合、一生消えない可能性も出てきてしまうのです。

毛嚢炎になる恐れ

その中でも、ニキビのような症状が出る毛嚢炎になってしまうことも多いといわれます。

毛嚢炎とは、細菌感染症のひとつで、毛穴が炎症を起こして白いニキビのようなできものが出る状態です。体の見えない部分ですら問題なのに、顔など目立つ部分に毛嚢炎が出てしまうとこれもまたトラブルの原因となってしまいます。

多毛化や硬毛化になる恐れ

上記のような病気のトラブル以外のところを言えば、多毛化になってしまうケースもあります。

多毛化とは、脱毛したにも関わらず毛が段々と増えていく現象をいいます。

それだけでなく、脱毛した産毛が太い毛に変わってしまうという硬毛化になってしまうケースまであるのです。

専門の医師のような経験のある人ならある程度のリスクは予想できるのですが、エステには経験の浅い施術者が中にはいるので注意が必要です。

エステ脱毛にメリットはないの?

ここまではエステ脱毛のデメリットを挙げてみましたが、もちろんエステ脱毛にしかないメリットも存在してきます。

果たして、エステ脱毛にはどういったメリットが存在してくるのでしょうか。

様々な脱毛方法から選べる

エステ脱毛のメリットの一つに、様々な種類の脱毛方法から選べるというのがあります。

永久脱毛を希望するのであればレーザー脱毛やプラズマ脱毛など、様々な脱毛方法が選べます。

逆に、永久脱毛は望まないが脱毛処置をしてほしいとなれば、ブラジリアンワックスなどでの対処も十分に可能です。

ということから、脱毛する箇所で脱毛方法を細かく変えれるというのはエステ脱毛のメリットでもあるのです。

痛みが全くない

エステ脱毛では、医療レーザーのように強い効果のあるレーザーを用いていない場合が多いので、無痛といっていいほど痛みは感じません。脱毛してきれいにはなりたいが、痛いのだけは嫌だという人には向いているといえるでしょう。

美容やダイエットの相談ができる

エステ脱毛には美の専門知識を持つスタッフが多く働いているため、美容に関しての質問に何でも答えてくれるというメリットもあります。美容に相談はもちろんのこと、ダイエットの効果についての質問にも親身になって答えてくれるはずです。プロからもらえるアドバイスはきっと何かしらの役には立つことでしょう。

店舗数も多いので通いやすい

エステ脱毛は店舗数が多いというのも大きな強みではないでしょうか。

もちろん大手のお店となりますが、雑誌やテレビCMでも見かけるようなお店になると、日本だけでなく海外にも進出しているお店も存在してくるほどです。仕事先や自宅に合わせて通うこともできるでしょうし、引っ越しが決まったとしても引っ越し先に支店がある可能性も大きくなってきます。引っ越しが決まって店舗が変わるとしても、大体のエステ店では引き継ぎを可能にしてくれています。

それと、店舗数が多いということは自宅からのアクセスもよくなるのも間違いないでしょう。

基本的に、大手のエステ店は駅から徒歩圏内や駅ビル、ショッピングモール内などに店舗を構えています。用事のついでに通うこともできますし、空いてる時間に通うことだってできます。やはり、アクセスが良い、通いやすい場所に店舗があるというのは大手エステ店の最大のメリットになるのかもしれません。

このように、元来は美容外科での医療レーザーで脱毛を行うというのが主でしたが、エステ脱毛と比較をした結果からエステ脱毛を選択する人も増えています。

美容外科とエステ脱毛ではそれなりに大きな違いがありますので、自分に合った選択をするのが脱毛成功への一番の近道になるのかもしれません。

コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
医療レーザー脱毛パーフェクトナビ-大阪編-