大阪でレーザー脱毛するならどこ?人気クリニックの口コミを集めました

HOME » 医療レーザー脱毛の基礎知識 » 知らないとまずい?大阪で人気のハイジニーナ脱毛・VIO脱毛を紹介

知らないとまずい?大阪で人気のハイジニーナ脱毛・VIO脱毛を紹介

デリケートゾーンのムダ毛は、痒みや衛生面で特に女性の悩みの種になりがちです。 しかし、そんな悩みを解消してくれるのがハイジニーナ脱毛とVIO脱毛です。

今回は、大阪で人気のハイジニーナ脱毛とVIO脱毛について詳しくご説明していくとともに、脱毛して得られるメリットなどについてもご紹介していきます。

大阪で人気が高まっている「ハイジニーナ脱毛」「VIO脱毛」とは?

脱毛で人気の部位は、夏の露出で気になるワキや腕、脚などが挙げられます。

しかし、今、それらと同じくして人気が出てきている部位があります。それが、ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛です。

このハイジニーナ脱毛とVIO脱毛とは、デリケートゾーンの脱毛のことを指します。

これまで、日本ではハイジニーナ脱毛とVIO脱毛は、あまり普及していませんでしたが、海外セレブや日本の人気モデルなどが始めたことから徐々に知名度を上げていき、今ではハイジニーナ脱毛とVIO脱毛は人気の部位になりました。

元々、ハイジニーナという言葉の由来は英語で「hygiene」日本語に訳すと「衛生」を意味しています。

その言葉どおり、ハイジニーナ脱毛を行うことでデリケートゾーンを衛生的に保つことが可能となります。

次に、VとI、そしてOは、デリケートゾーンの中でもそれぞれ別々の部位を指しています。

まず、VはVライン、つまりビキニラインのことを指します。次に、Iラインですが、こちらは陰部の両側のことを指します。最後にOライン。ヒップの奥を指します。

ハイジニーナ脱毛は、デリケートゾーン全体を指す言葉ですが、実際に脱毛をするときは、「Vラインのみ」「VラインとIライン」「VIOすべて」と、脱毛する部位を選択することが可能です。

デリケートゾーンの医療脱毛は衛生的に保てる

ムダ毛が多いと蒸れや痒みなどの原因にもなり、衛生的とはいえません。そこで、ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛をすることによって衛生的に良くなり、また、自己処理にかかる時間を短縮できるうえにカミソリなどで肌へ負担をかけることがなくなるので、その負担も軽減できます。

もちろん、見た目も大きく変わりますから、プールや海、大衆浴場などで周りの目を気にしなくてよくなるという精神的なメリットも挙げられます。

一方で、医療脱毛によりデリケートゾーンの処理をしてもらう場合にはデメリットも多少は生じます。それは、脱毛後よりも脱毛時のデメリットがあります。というのも、一般的に腕や脚などの毛は、細く薄い傾向にありますが、VIOの毛は太く濃い傾向にあります。

そのため、腕や脚などの脱毛よりも痛みを感じる可能性が高いのです。また、医師による医療行為とはいえ、デリケートゾーンの脱毛には恥ずかしさもあり、この恥ずかしさが痛みを増長させたという方もいるようです。

ハイジニーナ脱毛の痛みは軽減できる

多くの方がハイジニーナ脱毛の施術に二の足を踏んでいる理由は、施術の痛みが気になっているからではないでしょうか。そこで、ここからは実際にVIOを脱毛した方の体験談をご紹介していきます。

実際にVIOを脱毛した女性からは、「相当な痛みを覚悟していたが、実際に脱毛を受けてみると想像より痛くなかった」「腕や脚よりは多少痛かったが、施術時間が短く、あっというまに終わったので、平気だった」などの口コミも聞きます。施術中の痛みには個人差もあるようです。

そして、生理前後や体調が悪いときなど、肌が敏感な状態で施術を受けることを避ければ、痛みを軽減できると考えられています。どうしても「痛みが怖い」「痛みに弱い」という方であれば、医療行為でもある医療用のレーザー脱毛の場合は、麻酔を使用して脱毛をしてもらえます

事前にクリニックに相談しておけば、麻酔の効果があるクリームを散布してくれたり、軽い麻酔のガスを使ってから施術を行うこともできますので、それほど心配する必要はありません。ただ、妊娠していたりすると麻酔が使えない場合もあるので、医師としっかり話し合ってから麻酔を取り入れてもらうようにしましょう。

男性から見たハイジニーナ脱毛は肯定派が多数

脱毛を悩んでいる方の中には、男性の意見が気になる方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、多くの男性は、女性が思っているほどVIOのムダ毛を気にしていないといいます。さらに、ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛を行うことに対して、男性は否定的ではなく、むしろ肯定的な意見が多い傾向にあります。男性から見て、デリケートゾーンの毛を脱毛している女性はどうでしょうか。

例えば「清潔感がある」「見た目がいい」などの肯定的な意見も多く、手入れをしている女性のほうが男性から見ても魅力的という声も多いようです。

デリケートゾーンのスタイリングの3つポイント

実際にデリケートゾーンの脱毛を行う場合、「全部剃ってしまう(ハイジニーナ)には抵抗がある」という人もいることでしょう。また、VIOの脱毛をする際は、クリニックの人にその旨を伝えておく必要があり、事前に希望のアンダーヘアの形を伝えておけば、希望する形に整えてもらうことが可能です。

ここでは、デリケートゾーンのスタイリングの3つのポイントをご紹介します。

逆三角形型は男女ともに人気が高い

VIOを脱毛するといっても、ナチュラルな傾向を好む方が多いといいます。自然体で、なおかつ、清潔感を出せるという点で人気が高いのが「逆三角形型」。いわゆる「トライアングル型」ともいいますが、形を整えたり毛量を調節したりすることもできるため、トライアングルを大きくしたり小さくしたり好みによってスタイリングを変えてもらいましょう。

最も自然体なのはナチュラル型やスクエア型

いかにも脱毛しているというのがわかるのが嫌だという人は、ナチュラル型やスクエア型を選ぶのがおすすめです。この形であれば、デリケートゾーンの元々の形をそのままに毛量などのスタイリングをしていくことが可能なので、脱毛していることに気づかれない場合もあるほど自然にスタイリングをしてくれます。

I型やハート型などの個性的なスタイリングも人気

よりハイジニーナ脱毛に近づいたスタイリングを希望するのなら、I型というスタイリングが適しています。細長いラインが特徴的で、この形なら水着やショートパンツを履いたときでもムダ毛がまったく気にならなくなります

ほかにも、ハート型や扇形などのデザインもあり、個性的なスタイリングに対応してもらうことも可能です。衛生面や見た目の観点から大阪でも人気が高まっているハイジニーナ脱毛やVIO脱毛。もちろん、医療脱毛にもメリットもあればデメリットもあります。

クリニックで事前にカウンセリングをしっかりと受け、疑問点や不安に思うことをすべて解決してから施術してもらうことをおすすめします。 一般的にカウンセリングは無料で受けられるクリニックが多いので、クリニックの雰囲気や金額、施術内容などを比較して選ぶのもよいでしょう。

コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
医療レーザー脱毛パーフェクトナビ-大阪編-