大阪でレーザー脱毛するならどこ?人気クリニックの口コミを集めました

HOME » 医療レーザー脱毛の基礎知識 » 注意点とアフターケア

注意点とアフターケア

Q.生理期間中に脱毛をしても大丈夫?

A. 医学的に不可能であるという根拠はありませんから、生理期間中でもレーザー脱毛の施術は可能です。ただ、生理期間中はお肌がとても敏感になるため、レーザー照射の際に痛みを感じやすくなってしまう、あるいは肌荒れを起こしてしまうという可能性はあると考えておいた方が良いでしょう。生理期間中に照射してみて、なにか違和感等を感じたら、すぐに医師や看護士に相談してみると良いでしょう。

Q.妊娠期間中に脱毛をしても大丈夫?

A. 脱毛のためのレーザー照射は毛穴の深さ程度までしか届きませんから、母体や胎児に影響を与えるということはありません。ですから、妊娠中にレーザー脱毛を行ってはいけないということは基本的にはないと思います。しかし、多くのクリニックでは、妊婦さんは断っているようです。その理由としては、レーザー照射時のストレスや痛みがホルモンに影響を及ぼすことを考慮してのことだと思われます。特に安定期に入るまではの妊婦さんは、精神的にも身体的にも極めて不安定ですから、刺激やストレスは与えないのがベストです。

Q.脱毛を始めるのに最適なタイミングは?

A.秋から冬にかけてが最も良いタイミングでしょう。永久脱毛は時間を要します。実際に効果が実感できるのも、3回目の施術が終わったあたりからということになります。そういう意味でも、薄着でムダ毛を気にしなければならない夏から遡って半年以上前にはスタートさせる必要があります。

Q.脱毛期間中になにか気をつけることはある?

A.乾燥には気をつける必要があります。レーザー脱毛は汗腺にも作用しますから、汗の量が減り皮膚は乾燥気味になります。乾燥によって皮膚のバランスが崩れると、皮膚の回復能力が弱くなり、肌荒れを起こしやすくなります。また、医療レーザー脱毛中は日焼厳禁です。レーザーは黒い色素に反応しますから、あまりに日焼けをしている場合、施術を受けることができなくなります。レーザー脱毛施述後の日焼けは、色素沈着を起こす原因となったり、炎症の悪化を招いてしまうこともあります。

Q.施述後、薬は必要?

A.レーザー脱毛の施術後は、肌が赤くなってしまうことがあります。その際は塗るタイプの抗炎症剤を処方されます。

Q.当日お風呂に入っても大丈夫?

A. レーザー脱毛の施術当日に限っては、原則的に入浴はNGです。理由は、肌が敏感になっているためです。ただ、シャワーで汗を流す程度なら問題ありません。

Q.サウナ・プールに行っても大丈夫?

A. レーザー脱毛の施術後おおよそ2日程度はサウナやプールは控える必要があります。もちろん、海水浴もNGですよ。

Q.施術部分が衣類に擦れても大丈夫?

A.肌が敏感になっていますから、なるべく触れないようにするのがベストです。直接脱毛部分に触れる下着や洋服は、ナイロン系のものは避けるようにした方が良いでしょう。肌に優しいコットンやシルク系のものを選び、保湿するようにしてください。

コンテンツ一覧
 
ページの先頭へ
医療レーザー脱毛パーフェクトナビ-大阪編-